開発事例:画像分類ツール – caid

概要

史料画像を分類・整理するためのツールです。史料画像には元画像に付随する画像(顕微鏡画像など)があります。調査現場で画像を撮影後、その場で画像の対応関係を整理し、個々の画像に情報やアノテーションを追加することができると、効率的な調査を行うことができます。インターネット接続がない環境で調査を行うことがあるため、オフラインでも動作ができるようになっています。

利用者はツール画面から監視フォルダへ画像ファイルを保存します。ツールはメイン画面の左側に未分類画像として保存された画像を表示します。利用者はドラッグアンドドロップで、画像を整理していくことができます。それぞれの画像には属性・アノテーションの編集機能が用意されています。

図1 画面例

アノテーション閲覧・編集画面では、画像につけられたアノテーションを確認・編集することができます。アノテーションはテキストの他、関連する画像や予め設定されたフォームを使用した定型項目を使用することもできます。

詳細

ツールはJava(Jetty, H2)とHTML5を用いた、Webアプリケーションとして構成されています。サーバはPC内で動作するように作成されており、オフラインでの作業が可能になっています。

  • Javaアプリはローカルのデータベース・ファイルへ直接アクセスする。
  • localhost からアクセスできる http サーバを装備する。
  • PC内のWebブラウザからのみアクセスできるようにし、認証機能は実装しない。
  • JavaScript・画像を含めて、インターネットへのアクセスが必要ないように構成する。
図2 システム構成

今後、オンラインになったときにサーバとの情報同期を行って、研究者間での共有を可能にするための機能拡張が予定されています。

顧客情報

開発事例:文字運筆情報収集Webアプリ – ナゾルクン

概要

木簡や史料に書かれた文字を利用者になぞってもらい、その軌跡をデータ(文字運筆情報)として蓄積するシステムです。

利用者が楽しみながら研究に参加してもらえることを重視して、開発が進められました。Webアプリケーションとして構築されており、スマホ・タブレット・PCのブラウザで利用可能です。

研究目的でのデータ収集となり、データを端末毎に分類することができますが、端末や個人を特定する情報を収集することはありません。

図1 画面例

利用者はスマホ・タブレット・PCのWebブラウザでアプリサイト( https://nazoru.nabunken.go.jp/ )へアクセスします。

大人用・子供用が用意されています。子供用は正解判定が含まれており、楽しく研究へ参加できる工夫がされています。

スタートすると、ランダムに文字画像が表示されるので、その文字をなぞります。その後、「できあがり」ボタンをタップして、その軌跡をサーバへ送信します。

子供版の場合は、正解判定を行い、その結果を表示します。大人版は軌跡の表示のみです。

その後、文字の解説や木簡・史料の拡大画像へのリンクなどが表示されます。

なぞった文字数(子供版の場合は正解した文字数)が記録され、その文字数に対応する称号(学士・修士・博士)が表示されます。

詳細

方式

シンプルなWebアプリケーションとしてサーバ1台(Linux)で構成されています。サーバ側はJava(Jetty, H2)、クライアント側はHTML5(canvas)+ JavaScript にて実装されています。

図2 システム構成

HTMLはレスポンシブ(一部は別ファイル)になっており、画面の幅によって適切な表示が行われるようになっています。なお、文字をなぞった際の軌跡は、HTML5のcanvasを用いて表示しています。

正解判定は予め管理者が設定した、画数・書き順・軌跡を元にして、その一致している割合をブラウザ側で計算しています。サーバ側で演算を行わないことにより、サーバへ負荷を掛けない構成となっています。なお、画数については、連綿の場合の変化についても対応しています。

顧客情報